こんにちは♩

長野県松本市を中心に、ママになりたてのママのためを応援するヨガをご提供しています、ただいまヨガです。

HPへご訪問いただきありがとうございます。

 

今週月曜日の午後は松本アトリウムさんでのマタニティヨガクラスでした♩

前回に引き続き足の冷えが気になるというMさま。

前半の体のほぐしでは、足から念入りにマッサージして温めていきました。

ほぐしの際には、いろんなお話をしながら今の体の状態をお伺いしていきます^^

内ももが固くなると、恥骨痛の原因になることもあります。

無理のない範囲で体にいろんな動きを与えながら、冷えを解消していきます♩

 

さて、「妊娠中って運動した方が良いのですか?」とMさまからのご質問がありました。

 

担当する先生によって、体重コントロールのアドバイスが違うこともあるかと思いますが、妊娠中に運動するメリットは主に、

 

①体重増加を防ぐ

②運動不足の解消による体力の温存

③ストレス発散

④赤ちゃんの脳を発達させる

 

が挙げられるかなと思います。

 

が、特にマタニティヨガで期待したいことは

 

⑤呼吸法や瞑想による日々の感情のコントロール

⑥陣痛の合間のリラックスにつなげること

 

なんです♩

 

呼吸法や瞑想により、日々考えすぎている脳にお休みを与えてあげたり、未来への不安や過去への後悔にさいなまれずに「今」を味わう幸せがやってきたりします。

 

ヨガで丁寧に自分の体や心を観察して向き合う時間を増やしていくことで、

 

「今の私にとってこの動きは気持ちいいな♩」「これやった後は心が落ち着きやすくなる気がする〜」

 

自分への”感度”が高まってくるんですよね^^

 

陣痛の時には、陣痛と陣痛の合間に必ずお休みがあって。

そのお休み中に、母体の体力温存にとって必要な酸素や栄養素をしっかり供給したり、赤ちゃんの疲労を回復させたり、赤ちゃんの回旋運動の軌道修正が行われたりしているんです。

陣痛の合間に、その母体にも赤ちゃんにも必要な休息時間に、産道や子宮を十分に柔らかくしておくこと。

それは紛れもなく”ママ自身のリラックス度合い”に影響されるんです。

 

体をほぐした後に、立ったポーズではしっかり目に、特に下半身を動かしていきました♩

 

ほぐし〜立位のポーズではしっかりと体を動かし、最後には赤ちゃんとリラクゼーションのポーズ。

 

「スッキリしました〜〜〜〜!」

とM様^^

 

お散歩などの日頃の運動に加えて、マタニティヨガで体も心も心地よく整えて行けたら、良いですね♩

 

ご参加いただき、本当にありがとうございました♡

 

ママの不安を解消するマタニティヨガは、松本市高宮にあります、松本アトリウムさんで毎週月曜日13:15〜開催しています♩

 

5明様までの完全御予約制です。

ヨガが初めての方でも、初回1,000円で体験できますので、どうぞお気軽にご連絡くださいね^^

マタニティヨガの詳細はこちら♩

マタニティヨガ

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました♡

 

ただいまヨガ 瀧本和子