こんにちは。

長野県松本市 なりたてママの孤独や不安を癒すヨガ教室を開催しています、ただいまヨガです^^

本日も数ある教室の中から当教室のHPをご訪問いただき、ありがとうございます。

 

先週末は、長女次女のピアノの発表会でした♩

 

実は、最近、小5の長女はピアノを辞めたがっていたんです。

年中から、私が始めさせたピアノ。

「やるなら早いうちからが良いよ!」という周りの情報を鵜呑みにし、勝手に始めさせた習い事。

 

私も小学生の頃から中学卒業まで習っていて、趣味で弾ける楽しさは人生を豊かにするので、役に立つだろうと思ったんですよね。

 

そんな長女が、発表会2週間ほど前から、「練習めんどくさい〜!!」というようになり、1週間ほど前には布団に入り込み「やりたくない…」ということが。

 

私も習っていたけど、私は全然練習していなかったから、発表会ではお粗末な結果になることも多かったんですよね。

いつも見にきてくれた母親には、ずいぶん恥をかかせたことだろうと思います。

 

ー自分が達成できなかったことを、子供に押し付けていなかっただろうか?

ー彼女にとって良かれと思って続けさせていたけれど、果たしてそれは彼女の「やりたい」に基づいていただろうか?

 

習い事を辞める時。

主人も私も「区切り」は大切にさせたいなと考えていたので、辞めるなら小学校卒業までと思っていましたが、彼女が布団に入ったのを見た時、

 

「あぁ、無理させていたかもしれない」

 

そう感じてしまいました。

 

「発表会が終わったら、やめる?」

 

ピアノの先生にも話して、先生は「やめるのは今日でもできる。いつでもできるから、とりあえず発表会が終わってから決めようね」と。

 

ー発表会当日。

松本市音楽文化ホールの大ホールで。

残響2秒の余韻が美しいと言われる外国製のピアノで弾いた、あなたの演奏は誰よりも美しかった。

胸が震える、何度も余韻に浸れる1分55秒でした。

 

終了後、彼女が言った演奏会の感想は、意外にも

「楽しかった〜〜〜〜♡」

 

うっとりするような顔でそう教えてくれるものだから、「辞める辞めない」話そうと思っていた口はそっと閉じました。

 

やめるのはいつでもできる。

”その時”がきたら、いつでも辞めて良いよ。

 

あなたたちの「楽しい!」を、お母ちゃんはずっとずっと応援していきます♩